愛する人との時間を減らしてまで働く意味はない

食うために仕事は必要だ。だが、愛する人との時間、家族との時間、自分の本当に必要な時間を減らしてまで働かなくていい。

自分がやらないとほかの人に迷惑がかかるからとか、尊い感情ではある。だが、迷惑がかかるのは一時的なものだ。犠牲になるのは自分でなくていい。誰も犠牲にならなくていい。みんなで一生懸命やり過ぎて苦しめ合うの、もうやめようぜ。

俺たちは生産量もサービスも落としていい。愛する人との時間、自分の時間の方が大切だし、俺たちを幸せにする。

みんな無理して働くな。楽しんで働いてる奴はそれでいい。

コメント

最近のコメント