性に目覚めた瞬間

生き方

男なら多くの人が、性に目覚めた瞬間を鮮明に覚えているのではないだろうか。下のコメント欄にその瞬間をシェアしていただけると嬉しい。

俺は、おそらく5歳か6歳頃、母親に連れられていったダンス教室だった。原色華やかな色とりどりのレオタードに身を包んだ若い女たちが流行りの歌に合わせて踊っていた。

無論、その時はその女たちが若いのか、判断が弱かっただろうし、流行りの音楽かどうかも判別できなかったはずだが、今にして思い出せば、女たちは若かった。少なくとも若いママ達だったし、音楽は流行りのものだった。

不思議なもので、その時の音楽は後々まで覚えていて、今でもその音楽を聴くと性的興奮のトリガーとなる。実際、その曲のremix版、ビートを効かせたものを、オナニーの際の動画BGMに使用すると興奮がとても高まる。それと同時に切なさと愛おしさを感じるのは郷愁のためか。そのことに気がついたのは、10年ほど前だったか。

視覚情報がやや曖昧なのに対して、音楽はよく覚えているのは、生物にとって、視覚よりも聴覚の方がより原始的な知覚であるためか。

なお、知り合いの生物学者から、視覚よりも、聴覚よりも、嗅覚の方が古くからの知覚で、人間が死に向かう際や痴呆になる際などに、最後まで思い出せる感覚は嗅覚であるような話を聞いたことがある。

なるほど、たしかに懐かしさを強く感じる時、その正体は、その場所の匂いだったり、空気だったり、風の生暖かさだったり、視覚や聴覚とは別の感覚によって呼び起こされているものも多い気がする。もちろん視覚によっても懐かしいと感じるが、google street viewを高画質・大画面で見ても、実際にその場所で感じる懐かしさに全く及ばない。

話を戻して、ダンス教室は、今にして思えば、最初の目覚めではあったが、それが性的目覚めであるとは当時自覚できなかった。はっきり性的なものを感じたのは、小学校2年生の夏の日であった。近所の書店でドラゴンボール1巻を買った。ヤムチャがブルマの入浴見るシーンに、ヤムチャ曰くの「見てはいけないものを見てしまった」と同じ気持ちを抱いた。後からこっそり見たのを覚えている。

漫画はプラトンが言うところのイデアである。女という形のイデア。初期ブルマはとても魅力的に見えた。中学生の頃、同級生が誰が可愛いなどの話をしていても、俺には芋臭い発達途中の中学女のどこがよいんだと感じた。例えばブルマの方がよほど大人で完成した女に見えた。ガキどもがと思い、俺の方がガキだった。

漫画から性的にものに入った人は多いと思うが、入り方としては良くないような気がする。最初の入り方はその後の性的感覚に影響を及ぼすのではないか。二次元エロなどは特段好きではないが、最初から生身の人間に興味を持つべきだったと思う。

 

コメント

  1. 空には星一つ より:

    くだらないですよ。いまさら性の目覚めなんて。
    ボーと生きましょうよ。

  2. 佐崎慎治 S野M男 こと 佐崎慎治 より:

    空には星一つさん、確かにくだらないことをいつまで考えているのだという感じですね。ボーっと、いい意味で生きたいところです。