ストレッチ瞑想、呼吸について

自慰禁

ストレッチの呼吸方法は、瞑想に近いと感じている。ゆっくり息を吸って、さらにゆっくり息を吐く。その時に筋を伸ばす。何も考えないようにするというか、ストレッチしている時は自然に雑然とした思考がおさまると俺は感じている。ヨガに近いのではないか。ストレッチだけでなく、運動中も雑然とした思考が収まり、心が整理される感覚がある。

瞑想だからといって、じっとしていなければいけないということはないのではないか。みんながやっている方法だけが正しいとは限らない。俺は従順な性格なので、王道志向になってしまいがちだが、色んなことを試していきたい。

思えばオナ禁だって、オナ禁という言葉さえ知らなかった中学生の頃から、何となく始めていた。オナニーをやめるべきだという感覚があったのだ。でも、みんながオナニーしているから大丈夫だと正当化し、気づいたらポルノ依存になっていた。オナ禁がネットで話題になって、多くの人が良いと言い始めて、また始めた始末。

俺はもっと自分の体の感覚を信じるべきだった。皆がやっていること、信じていることの確からしさは、統計的には高いだろうが、必ずしも正解ではない。常識を疑えとは良く言われる。

ストレッチをしながらでも瞑想はできるかもしれないし、運動をしながら祈ることもできるかもしれない。全員にとって正しいやり方などなく、皆自分にあったやり方を、自分の心や体と相談しながら見つけていくしかない。適切な食事量や食べ物が各人によって違うように、瞑想の方法も、オナ禁の方法も、各人によって最適なものは異なるだろう。

皆にとって正しい生き方もない。結局、俺たちは自分の信じる生き方を選ぶしかないのだ。他人の人生を生きるなと、多くのすごい人達が言ってる。

話をストレッチに戻す。学生の頃は体が柔らかい方だった。180度近く開脚し、額を地面につけることができたし、立位体前屈は18cm位だった。ストレッチをする頻度が減って、また、加齢とともに体が固くなった。かつての柔軟性を取り戻し、筋トレや柔道教室による背中や首の痛みを未然に防ぎたい。

ストレッチ瞑想は、俺にとって、体も心も同時に整えられるものだという気がするのだ。

合わせて、毎日の呼吸にも気をつけようと思っている。仕事中など集中していると、気づけば呼吸がとても浅く、時にはほとんどしていないことすらある。最近は深呼吸を意識的に入れている。

深呼吸が体にいいと言われるのは、ごく短時間の瞑想につながる性質もあるのではないか。

20分間などある程度、まとまった時間をとって瞑想する方が良いとは私も思う。でも、深呼吸による超短時間瞑想も可能だと私は感じている。

食事や水よりも、一番体内に取り入れる量が多い空気。食事や水は、ビジネスに繋がるため、盛んに喧伝もされる。比べて、呼吸は見逃されがちだ。呼吸に気をつけていきたい。

コメント

最近のコメント