身元を隠して書くブログの恥

弱い男の生き方

このブログは身元がばれないように書いているつもりだが、下の記事を読んで、自分が情けなく思えた。

【侍魂の再来?!】はてブ1780件超「スタバでダベる女子大生…」の作者、熊谷真士さんの執筆現場にお邪魔してきた(えとみほ)
こんにちは、元編集長のえとみほです。「あれ?あんたkakeru辞めたんじゃないの?」って思ったそこのお方。安心してください、ちゃんと辞めてますよ。今回は個人的にどーしても会ってお話が聞きたい方がいたので、外部ライターという立場で記事を書かせてもらいました。その「どうしても会いたいお方」というのは、この方。熊谷真士(Ma...

プライバシーはネット上で一度失ったら二度と回復できないと誰かが言ってた。だから、身元がばれないようにブログを書く人やyoutuberなどを俺はだめだなんて全く思わない。生き方の問題だ。でも、上の記事中の有名な熊谷真士さんの言っていることに、なんだかハッとさせられた。以下引用。

熊谷さん:はい。僕、日頃からネット上の人格とリアルの人格を使い分けるみたいなことはしないように心がけてるんです。最近は、友達の前、親の前、上司の前、SNS上みたいな感じで、キャラを使い分けたりするのが普通ですけど、なんかそういうのは良くないんじゃないかって思って。

えとみほ:そうなんですか?でも、いまの10代、20代はツイッターのアカウントだけでも3つも4つも持ってて、使い分けてますよね?友達とふざけてるところを親に見られたり、上司に見られたりしたくないって。「おばさんはインスタに来るな」みたいな。

熊谷さん:そうですね、僕もやっぱ前職の上司とかは怖いんですけど、そこは勇気を持って自分をさらけ出すように心掛けています。上司の前でも親の前でも友達の前でも、いつも同じ人間でいるのが、礼儀なんじゃないかと思うので

本当の自分はこんなふざけたウンコ野郎なのに、それを出さないで真面目に振る舞うのは、一見礼儀正しいように見えて実は嘘をついてるのと同じなんじゃないか?不誠実じゃないんじゃないか?って思うんです。だから僕なりの礼儀として、ネット上でも仕事上でも家族の前でも、同じようにエグい下ネタを話します

家族や職場の人たちに見せられないものを、ブログに書いている自分の恥。それは嘘をついて生きていることではないか。二面性、正直さの欠如。私が魅力を感じる人間は正直な人間であり、自分も正直でありたいなどと、このブログ上でも書いているにもかかわらずだ。笑止千万。

コメント

  1. しし丸 より:

    このブログはM男さんそのものではないのですか?
    まさか架空の人物のブログ?そんなことないですよね。
    もしそうならショックです。

    • 佐崎慎治 佐崎慎治 より:

      しし丸様、申し訳ありません。以下URLページに書いたとおりです。すみませんでした。https://ganbaremo.com/lie/