最初の頃書いた長めの記事

生き方系

オナニーの罪悪感から考察するオナ禁すべき理由および生き方の指針
自慰を始めた頃に感じた罪悪感は、自慰をやめるべきと訴える心の声だった。欲望や嗜好は基本的に従うべき指針であるが、時に人を間違った方向に導く。オナ禁も、人生の重要な選択も迷った時には、体ではなく心を満たす、心の声に耳を傾けるべき。そしてオナ禁は心の声を聞く強力な助けとなる。
自分の「繊細さ」に自信を持つ
俺たちは自分の繊細さに自信を持つべきだ。そしてそれを武器をして使うのだ。現代社会ではなにかとマイナスになりがちな繊細さではあるが、使いようによっては強い武器になる。
人との接し方について 自分も自己中になるべきか、否か
M男・気弱男は、自己中心的で傲慢な人に、世の中にどう向き合うべきか。傲慢になって対抗すべきか。優しさを持つ続けるべきか。いや、M男・気弱男は本当に優しいのか。優しいふりをして怖がってるだけではないか。本当の優しさとは何か。
疑問なくネクタイ着けてる俺はバニーガールコスプレしてる男と同じ件について
自分自身も含め、疑問なくネクタイやスーツ着てる人や、疑問に思ってもネクタイやスーツ着け続けている人達は、皆がバニーガールコスプレしてたら、同じようにバニーガールになっちゃう人達だと思うんですよね。多くの人がすでに言ってるけど、このネクタイという首輪を揃って首に巻いている光景て異様だと思う。
モテてもモテなくても、金持ちでも貧乏でも、感じられる幸福量は同じ
幸福も不幸も脳で感じるものならば、脳内物質の多寡で幸福量・不幸量を測ることができる。各人の状況は関係なく、幸福量・不幸量には上限がある。だから、社会や周囲が良いとするものではなく、自分が何を求めていて、何を求めていないかを指針に生きていきたい
「いいひと」=「どうでもいいひと」だが、「いいひと」のままでいい
「いいひと」=「どうでもいいひと」だなんて、恋愛系サイト等に改めて忠告されるまでもなく、「いいひと」は分かっている。分かっていても人間そう変われないから悲しいんだ。「いいひと」が自信をもって「いいひと」であれる社会であってほしい。
資本主義では欲望を満たす財ばかりが増え、これ以上幸福になれない
よく言われる話かもしれんが、俺にも言わせてくれ。 今の資本主義はその役割をほぼ終えた。資本主義は人間を飢餓から救い、多くの病気を治し、快適な衣服と住居をもたらし、余暇の時間を与え、寿命を延ばした。資本主義が生産性を高め、世の中に多くの...
エネルギーを感じる。色が見える。
エネルギーを感じる。自分にも、周囲にも。オナニーしないとエネルギーはたまる気がするのは、多くの人が感じているところだ。 人間は無意識に周囲のエネルギーを感じ、影響を受ける。ポジティブな人間、明るい人間の周りに人が集まるのもそのためじゃ...
早漏万歳論 1運動能力 2生存戦略 3仕事能力
何かと問題視される早漏である。病気として分類されることもある早漏であるが、ここでは早漏を全面的に擁護する論を展開したい。 なお、私はかなりの早漏である。興奮しすぎて挿入しようとした瞬間に果ててしまったり、オナホールにおかれましても、そ...
経済の好循環とは個人エネルギーの好循環に似ている
経済がうまく回っているから景気が良いとか言うが、経済がうまく回る、好循環だとは一体なにか。正しい意味で経済の好循環という言葉を使っている人は少ない。 景気をよくするためにとか、経済をうまく回すために、需要を拡大したり、消費を拡大しろな...
目指すのは褒め合う社会であって批判し合う社会じゃない(松井知事喫煙について)
松井大阪府知事が公用車で喫煙したことがニュースになっているが、そんなことはニュースになるべき話ではない。公用車での喫煙の是非以前に、全く大した話ではないからだ。メディアは話題性があるからニュースにしたのだろうが、本来もっと別のことをニュース...
頑張れ媚び男
媚びる男と書いて媚び男だ。無論褒め言葉とは受け取れない。「媚びる人だよね」と言われて、いい気持ちがする人など男も女もペヤングだろう。しかし、媚び人間は多い。 今、私は違うと強く否定の気持ちが湧き出た貴奴。わぬしこそ、媚び人間の可能性が...
世界が100人の村だったら、あなたは何の仕事を選ぶか
20年前くらいに、世界がもし100人の村だったらというメールと書籍が流行った。俺はその時読んで、職業のことにも言及したら、さらに面白かったんじゃないかと思った。 世界がもし100人の村だったら、今の村の職業構成はひどくいびつなものだろ...
人間の寿命が8年だったら、どう生きるか
人間の寿命が8年くらいだったら、俺たちはどう生きるか。今年の過ごし方と、全く変わらず過ごすと思うと言える人は少ないのではないか。8年くらいだったら、一人ひとりの生き方が変わり、そのためこの世界も大きく変わる。当たり前の話だが。 日本人...
主張はどうあれ正直な人が好きだ 慎太郎、橋下、トランプ、太蔵、圭佑、堀江、博之、北野
俺は正直な人、本音で生きる人が好きだ。石原慎太郎も、橋下徹も、ドナルドトランプも、杉村太蔵も、本田圭佑も、堀江貴文も、西村博之も、北野武も。その人の主張、行動が正しいかどうかは俺には知識や知能が足りなくて分からないことがあっても、その人が正...
残業をしない男になる 休みがある度思うが働き出すと影響されてすぐ忘れる
今の俺の場合、遅くまで仕事をするのは良くない。俺の場合だ。 悪いというのは、いくつか理由がある。 ・仕事の他の大切な時間を、自分の勉強する時間や家族との時間などがなくなること。 ・皆が遅くまで働く社会で、一体何をどれだけ多...

恋愛系

俺たちの愛し方を「非モテコミット」とか言って馬鹿にするな
恋愛工学だが、モテ男だが知らねえが、俺たちの愛し方、俺たちの生き方を馬鹿にするな。 お前らが、恋愛工学なるものを使って女とヤるのは勝手にしろ。それで幸せだっていうのもお前らの勝手だ。だがな、一途に、不器用に、誠実に女性を愛そうとしてい...
匂いを制する者は恋愛を制する M男の恋愛論②
匂いを制するものは恋愛を制する。己の匂いを嗅ぎ、相手の匂いを嗅ぐことで、健康を確認し、最高の恋愛をする。健康になり自分の匂いをよくする。最高の相手を見つけられる。
俺は"非モテコミットによる"愛を証明しようと思う
非モテコミットをやめモテるフリをすればsexはできる。しかし真実の愛は見つからない。きもいといわれようが、正直に、好きな女にありのままの自分で精一杯コミットすべきだ。これは男だけの話ではない。女もだ。皆の幸せのために、駆け引きはやめろ。
声や手が好きと言う女はちんぽ好きと言ってるのと何ら変わらん
女の中には、ときどき「男って、女を顔や胸や見た目ばかりで判断して嫌」などと言う女がいる。 そういう女に限って、合コンなどで、恥ずかしげもなく「私は男の人の手が好き。」とか「私はいい声の人が好き」などと言う。自分が嫌だと感じてる男の「美人好...

小説

【警察小説・Kiss the Rain】第1話 冬①
《 冬 》 悲しみにキスを。 あなたの目の前にある、 その悲しみにキスを。 あなたの目の前にある、 その憎しみにキスを。 難しいことはいいから、 あなたの目の前にいる、 そのひとにキスを。 ...
【スポーツ小説】「この世に女はいないと思え」第1話 
(一) 浜辺の砂、一粒一粒が夏の日差しを跳ね返し、きらきらと光っていた。水平線の上に少しの空間を空けて、白い入道雲が浮かんでいる。白い肌にほどよい肉付きの女が、白いビキニを身に着けて、3人の芋男達の前を彼らに見られているの十分意識し、...
【M男の欲望】第3話「郁男の禁欲7日目」
7日目 普段は一週間に少なくとも3、4回、興が乗ると週に10回位自慰を行うこともあったから、7日目ともなると射精欲がかなり高まっていた。特に一昨日、昨日は土日で仕事も休みなので、特段やることもなく、インターネットに接続するとついエロ動画を...

オナ禁系

一切のエロを排除せよ【エロ禁原理主義論】
どうせオナ禁をするなら、エロ禁をしないか。どうせエロ禁をするなら徹底的にエロを排除しないか。 そんなエロ禁原理主義者からの誘惑にかられる。ポルノ動画や画像を排除するには飽きたらず、日常生活においても、最大限性的な妄想を排除し、究極、女...
俺がケツの穴を1日300回以上締める理由3つ【オナ禁並行】
私はオナ禁と並行して毎日ケツの穴を少なくとも300回以上は締めています。以下が3点の理由です。下に行くほど具体的な効果を感じられる理由です。 理由1 性エネルギーの循環 仏教の中には、肛門を締めることを勧めているものがあります。禅や、気...

オナニー系

早漏の長時間寸止めオナニーにフェミニーナ軟膏が最高
フェミニーナ軟膏、早漏寸止めオナニストにとっては最高のアイテムとなりうる。もちろん、オナニーのための薬ではないので、頻繁な使用はオススメしない。長期オナ禁明けなど、最高の長時間寸止めオナニーにしれこみたいというとっておきの時に使ってくれ。
最高のオナニー興奮・快感を得るには、事前準備が最重要
ローマは一日にして成らず、オナニーは一日にして成らず オナニーはその時だけ頑張ればよいものではない。最高の動画やVRやおかずを探したり、それを編集したり、エナジードリンクを飲んだり、栄養価の高いものを食べたり、たしかにそれも重要だが、...
徹夜での長時間寸止めオナニーの弊害とその喜びについて
徹夜オナニーの話をしたい。文字通り夜を徹してオナニーするということだ。 オナニー依存症者の人の場合、1日20回とか、何度も何度もオナニーをする人がいるが、私の場合は回数は少ない。1回の射精に10時間とかをかけるのだ。ネットの大海原を何...
私が週末オナニー廃人だった頃の話
私はこれまでオナ禁もしてきたが、それと同じくらいオナニーへの依存もしてきた。依存時期は、特に仕事が休みの週末になると、もうオナニーに全てを捧げてしまっていた。 平日深夜まで長時間オナニーをしてしまうことももちろんあったが、私は回数では...

その他

幽体離脱でVRを凌駕するVR体験が可能な件(夢精注意)
幽体離脱(体外離脱)はオカルト話ではなく、脳の錯覚で起こる現象。脳は寝ているが、体は寝ている状態の錯覚。体外離脱状態では、想像できることならなんでも、五感をフル使用した体験が可能。エロもできるので、オナ禁者は要注意。私が行った体外離脱の手順や経験内容について書く。
みんな批判したり教えたりするのが大好きだ
みんな他の人を批判したり、ものを教えたりするのが大好きだ。リアルでももちろん、しかし、それはインターネットやテレビだととみに見られる。 もちろん愛を持った批判や指導はある。それは良いものだ。リアルでもネットでもある。愛を持った批判や教...
五輪の経済効果がすごいと賞賛し、コストが膨らむと言って非難するメディアは馬鹿だ
ニュースでオリンピックのコストが3兆円に膨らんで問題だってやってる。馬鹿かよと思う。同じメディアがオリンピックの経済効果は○兆円とか言ってポジティブな報道してたのに。 オリンピックの経済効果とは、その多くが、準備期間や大会期間中のコス...
俺たちは分かった気になっているだけ 言語も五感も
言葉はすごいものだ。思考という形のないものを形にして、伝えることができる。思考がエネルギーを持つなら、言葉がエネルギーを持つのは当然だろう。言霊とか言われたり、歌詞や文学作品からエネルギーを感じるのもそのためだと俺は思う。 当然のこと...