しがない若手警察官の小説「Kiss the Rain」について

警察官小説(事件が起こる話ではない)

この小説は若手警察官が主人公ですが、いわゆる刑事もの、警察ものの小説ではありません。殺人事件など起きません。若い警察官が、自分の人生に悩み、他者や社会に対して悶々とした気持ちを抱きながら、どう生きていくか考え、変わっていく話です。

kiss the rain

kiss the rain

posted with amazlet at 18.08.13
(2016-12-16)
売り上げランキング: 127,324

警視庁に勤務して数年目の島田は、世の中にも、仕事にも、自分自身にも希望を持てずにいる。自分の仕事に誇りや意義を見出せず、仕事にやる気もでない。それも手伝って、同僚ともうまく付き合えない。休日は漫画喫茶で長時間かけた自慰ばかりしている。どいつもこいつも自己中心的だ。世の中は不公平だ。そしてそれが自然なことだと考える島田が、児童相談所に勤務するクリスチャンの女性と会う。彼女と会って、仕事に、自分に、社会にどう向き合っていくか、島田は変わっていくが…。

自慰ばかりしている男が主人公でもあり、オナ禁している方、オナニーに依存気味の方にもぜひ読んでいただきたいです。このブログに掲載させてもらいます。

コメント