残業しないで帰る時の罪悪感の正体

私の職場では、多くの職員が遅くまで残業している。毎日全員がというわけではないが、日替わり、入れ替わり、多くの職員が遅くまで働いている。

そんな中、残業をせずに帰るのは心苦しい。罪悪感とまで言っても言い過ぎではない感情だ。

俺も結局、皆と助け合いを考えたりする結果、残業していることが多い。というか最近もやはり遅くまで働いている。

すみませんが、今日早めに失礼しますなどと言って帰ったりする。このすみませんは何に対してのすみませんなのか。

皆が大変な中、自分だけが早く帰ることのすみませんなのか、謝罪ではなく、枕詞としてのすみませんなのか。

助け合いは素晴らしい精神だ。残ってやらねばならないことだってあるかもしれない。でも、それはやらねばならないと思いこんでいるだけではないか?

その仕事を残ってやらないことで、会社が立ち行かなくなるのか、社会が回らなくなるのか。たいていの場合そんなことはない。

その仕事を遅くまでやることより、家族の時間や自分の時間の方が大切ではないか。

多くのひとが心の中ではそう思っていても、できない。同調圧力。

そんなものは本来気にする必要はない。仮に使えない職員だとか、変わりものだとか思われようが、そんなことは気にしなくていい。

自分勝手に振る舞えと言うわけではない。自分を、自分の人生を、家族の人生を愛せというだけだ。仕事の時間より大切な時間がある人は多い。

仕事が生きがいで楽しくて仕方ないとしたら、やればいいし、それは素晴らしいことだが。

理想は、皆が残業しない組織、社会になることだが、そんなものを待っているうちに俺たちの時間は過ぎていく。死ぬぞ。

罪悪感や心苦しさの正体なんて、もしかすると他人にどう思われるか気にしているだけのことも多い。

嫌われたって、噂されたって、なんと思われたって、自分の人生で何が大切かを優先させなければならない。

自分を愛せるのは、家族を愛せるのは、自分だけだ。

コメント

最近のコメント