残業せしめる1日の心の動き

起床

すでに疲れている。よく寝た感がないなどと思いながら、目覚める。今日は早く帰って十分に休息するぞと思う。独り言で疲れたなどと発して、いかんと、言葉を変える。

8時頃

目が覚めてきて、今日頑張るぞという気持ちが出てくることも多い。オナニーが習慣化していると、そんな気持ちが起きないことが多い。

9時頃

仕事開始。午前中が効率的に業務をする勝負と思い、気合い入れてやる。残業せずに早く帰る決意変わらず。

昼過ぎ

午前中頑張れたことに満足。周囲も頑張って仕事してるし、俺も頑張ろう。

午後

張り切って仕事していると、やりがい感じる、充実感じる瞬間が必ずある。同僚との連携や、同僚、上司からの信頼感じて、それに応えねばと思う。頑張ろうと思う。業務状況によっては残業してもやむなしかと無意識に感じている。

定時付近

みんな頑張っているし、やるべきこともまだあるし、もう少し仕事やっていこうと思う。頑張ろうと思う。

残業中から夜遅く

集中保てているか、よく分からない。でも頑張ろう。

帰宅時

ああ、今日も遅くなってしまった。早く寝ないと。

総じて、日中、仕事をする周囲や自分や、周囲からの信頼、期待に応える感覚を粋に感じて、または酔って、日々残業へと続く。ようなこともある。単純に周りの目を気にして帰れない、帰らないなどいうようなものではない。という言い訳。責任感という感覚へのすり替え。

その瞬間、瞬間では、残業してでも仕事をすることの優先順位が高くなってしまう。

もっと大局的にものを見られれば、早く帰って時間を使うことの重要性、優先順位をしかと心に留めておけるのか。俺は流されやすいのか。

コメント

最近のコメント