残業をしない男になる 休みがある度思うが働き出すと影響されてすぐ忘れる

弱い男の生き方

今の俺の場合、遅くまで仕事をするのは良くない。俺の場合だ。

悪いというのは、いくつか理由がある。

・仕事の他の大切な時間を、自分の勉強する時間や家族との時間などがなくなること。

・皆が遅くまで働く社会で、一体何をどれだけ多く生産して、誰を幸せにしているのか不明

・俺の幸せは、仕事以外の時間的余裕があるときに感じることが多い。

・毎日の仕事に精一杯で、長期的な計画や目標を失いがちになる。

・心と体の疲れも取れない。

・夜中まで働くという働き方を、自分もその行動で肯定し、組織に、そして社会に広めることになる。

・夜中まで皆が働く社会で、財を生産し、消費する経済は、経済が大いに回ろうと人間を幸せにしないと俺は信じている。

・皆がしんどい気分になって、早く帰る奴を妬み、イライラし、例えば休暇も育休も取りにくくなる。周囲にも過剰な労働やサービスを要求するようになる。皆で首を絞め合う修羅の世界に落ちるのはやめようぜ。

などなど、挙げればキリがない。残業が多い理由は、仕事が終わらないからではない。ただの文化だ。皆で作る空気のせいだ。仕事が終わらなくても、締め切りに間に合わなくても帰ってしまう国も文化もたくさんある。

日本では皆が自分にも周りにも厳しく、社会全体で首を絞め合っている。そんな社会が幸せと言えるか。仕事が納期通りにこなくても、再配達がなかろうと、電車が毎回遅れてこようと、レストランの店員が丁寧でなくても、みんながテキトーな社会の方が、皆が幸せ感じられると俺は思う。

年末年始などの休暇で、ゆったりすると、家族と過ごしたりすると、改めてそう思う。人間の幸せとは。俺たちは一体何のために働いているのか改めて考えると。自分の幸せのために、がつがつ働いている人まで否定する気はない。それが幸せだっていうならな。

ところがだ、明日から仕事に戻ると、毎回すぐに忘れる。職場の雰囲気に呑まれて、いつの間にか上の考え方まで忘れちまう。俺が責任もって仕事終わらせないと、誰かに迷惑がかかってしまうからとか、誰かが俺の分を負担しなくてはならなくなるからとか。子育てなど理由がある職員のためにも自分がカバーするんだとか。みんな頑張って遅くまで働いているんだし、自分だけ早く帰るわけにはいかない。自分の仕事が終わったら、しんどいチームの分もフォローするんだとか。人間は環境にとても影響される。その空気に、文化に順応する。良くも悪くも。上の気持ちのいくつかは、美しい感情でもある。責任感の表れでもある。人間の美しさでもある。

でもちょっと待て、例えば毎晩23時24時頃に帰宅する生活で自分は幸せなのか。自分の家族は幸せなのか。親や配偶者や子供との時間は持てるのか。友人とつながりを保とうと思えるのか。そんな生活して、自分を愛せるのか。家族を愛せるのか。自分の一番果たすべき責任は、自分の大切な人をきちんと愛せる生活ではないのか。自分を愛せる生活なのではないか。

自分を愛せない人間に、自分の生活を愛せない人間に、良い仕事なんて本当はできるはずがない。例えば、育児事情があって、早々と職場を出る同僚を心のどこかで妬んでないか、イライラしていないか。早く帰る部署にいる同僚にイラついてないか。なんで俺ばかりがとか思ってないか。そういう俺たちのイライラは伝染する。早く帰る同僚に申し訳ないという罪悪感まで持たせることになる。例えば、肩身の狭い思いで育児をさせることになる。

俺たちの気持ちは伝染する。組織の空気を作る。国の文化を作る。日本は皆がイライラしていないか。電車が人身事故や災害で遅れた時に、舌打ちしている人。店員にクレームつけてる人。過剰サービスを要求してないか。過剰サービス、過剰な礼儀を要求されていないか。不自然にへりくだってないか。

海外マンセーの話ではない。だが、俺が海外に住んでいた時には、もっと国全体に寛容な雰囲気を感じた。感情や愛は目に見えないが、例えば磁力や電力のように、物質と同じように存在しモノに作用していると俺は思うのだ。

日本人には愛がある。日本マンセーの話ではないでも日本人には、日本には素晴らしい愛がある。自己犠牲も他者を思いやる気持ちもある。そうでなければ、なんで過労死となるまで献身的に働くことができるのだ。神風となって突っ込むことができるのだ。日本は、日本人に必要なのは、その愛を正しい方向に使うことだけだ。

もっと自分を愛し、自分の本当に大切な人との時間を大切にしようぜ。親や配偶者や子供との時間との方が、同僚との時間より正直大切だろ。同僚もそうだと思うぜみんなでみんなの時間をリスペクトしようぜ。

さっさと帰って、長時間寸止めオナニーを、もとい、オナ禁を、愛する人とセックスを、スキンシップを、勉強を、家族や友人と時間を過ごそうということだ。皆が言うように、時間の使い方は命の使い方だ。

だから、俺は2019年、なるべく残業をしない。すぐに忘れるな。俺からは以上だ。

コメント

  1. 大学生の男女 より:

    その通りですよ。今年は残業はやめましょう。
    オナ禁を否定はしませんが、オナ禁をブログで発信したりすることも、時間の無駄ですよ。
    興味深くブログ読ませてもらっているので、もっと違うこと発信してくださいよ。このブログで参考になることたくさんあるので。
    なんでもオナ禁にからめたり、オナ禁の話はいりません。

    • 佐崎慎治 S野M男 こと 佐崎慎治 より:

      大学生の男女さん、コメントありがとうございます。返信大変遅くなってすみませんでした。そうですね。。。私もオナ禁についてばかり書くことはどうかと最近感じています。時間の無駄ですかね。興味深く読んで頂いているとのことありがとうございます。また、このブログで参考になることたくさんあると言ってくださってありがとうございます。もっと違うこととは、どんなことがあなた(がた)の興味をそそる内容でしょうか?また、どんな内容を参考になると感じてくださっているのでしょうか? その内容で書きたいというわけではありませんが、好奇心からお聞きしております。ときに、大学生の男女さんとは、お二人なのですか?

  2. いち より:

    初コメント失礼します。いつも楽しくブログ拝見させていただいてます。
    「日本では皆が自分にも周りにも厳しく、社会全体で首を絞め合っている。」の部分かなり共感します。もっとみんなお互いいい意味でゆるくなったらどんなにやりやすいか。いろんなことにがんじがらめで僕も仕事が楽しめてません。残業しないように心がけてることってなにかありますか?

    • 佐崎慎治 S野M男 こと 佐崎慎治 より:

      いちさん、コメントありがとうございます。またブログ読んで頂いているとのことありがとうございます。返信が大変遅くなりすみません。私もいちさんのブログ読ませてもらったことあるし、これからも時々読ませてもらいますね。ボヘミアンラプソディ見に行こうかな。
      私が残業しないように心掛けていることは、当たり前のことばかりですが、
      ① やらねばならないことは早めに着手、繁忙すぎる時期をなるべく作らないよう分散させている
      ② 業務の優先順位をつける。後からできることは後回し。上司からの指示も無駄そうで保留できそうなものは保留。待っているうちにやらなくてよくなることも多い。自分の裁量で無くせる無駄な仕事は削除。
      ③ 社内、社外への依頼・コミュニケーションの取り方を見直す。メール、電話、直接会って話す、その時々で最適なものを選択。一番自分の時間を食わないやり方でやりたいが、相手の都合も考えて、バランスをとっている。仕事に必要だと思ったら雑談もするが、だらだら会話してるだけという状態は避ける。
      ④ 自分の業務手順を残し、類似の業務が来た時や来年度同じ業務に携わる時、大幅速度アップできるようにしておく。
      ⑤ 自分がその日、その週、その月に何に時間を使って、何に結びついたのか、何が無駄だったのか振り返るようにしている。無駄なことは繰り返さない。
      ⑥ 電話でもface to faceでも結論から始める。相手の都合や理解を考えた説明にする。「お世話になってます」とか挨拶は本当は無くしたいけどやってる。
      ⑦ 身の回りは片付けておく。メール等もできたら溜めない。片付いてないだけで、私の場合、集中力が分散しストレスになり、業務スピードが落ちる気がする。
      ⑧ 資料作成などは、頭の中でイメージできてから始める。上司や社外に出すものは、イメージを報告・共有してから作る。後から大きな修正で時間を取られるのを避けるため。
      ⑨ 業務状況は周囲・上司に積極的に共有・報告し、周りも自分も安心させる。
      ⑩ 皆が残っていてもなるべく気にしないで帰る。帰る奴だと皆に認識してもらう。
      いろいろあると思いますが、今思いついたのはこんなところです。いちさんは何かありますか?返信は時間があったらで大丈夫ですので。

      • いち より:

        返信ありがとうございます。
        ボヘミアンラプソディおすすめなのでぜひ見て見てください!!
        なにより、みんなそっくりなんですよ!笑

        なるほど!わかりやすく教えていただきありがとうございます。
        ②の待っているうちにやらなくて良くなるパターン僕もよく経験します。
        上司も全部わかってるわけじゃないから、誰かがすでに実施済みなことを
        頼んでくることもありますからね笑
        ⑧の整理についても僕も同じタイプで、机の上が物で溢れていると仕事が手に
        つかなくなります。いつもまずは机の上をきれいにしてから業務をするように
        しています。

        僕の場合はまだペイペイですので、上司から頼まれごとをされ、前まではイエスマン
        かのごとく全て受け取っていたのですが、現在はやる前に本当にこれやる必要あるか
        を確認するようにしています。また、若いという理由で忙しいのに押し付けられる事
        があったので、「今忙しいから無理です。もっと暇そうな人にお願いしてください。」
        とはっきり言うように意識しています。
        給料たくさんもらっている人がたくさん働くべきと僕は考えています。笑

        あとは残業せずに帰る時も悪びれずに帰る事を僕も意識しています!

        今後とも宜しくお願いします。

        • 佐崎慎治 S野M男 こと 佐崎慎治 より:

          早速の返信ありがとうございます。若いからとか新人だからと、皆がやりたくないことをやらせるのは本当によく分からない日本の習慣だと私も思います。例えば飲み会の幹事とか雑用とか。誰にでもできることを時給換算で安い新人がやるのは理に適っているとは思いますが、なんでもかんでも大変なことは新人が頑張るべきみたいな日本の組織はおかしいと思います。
          いちさんみたいに断ったりすると、あいつは若いくせき生意気だとか言う人がいますが。
          自分が若い頃は苦労したとか言って全然仕事をしない上のポジションの人達もいますよね。良い上司ももちろんいますが。