子供が欲しいというこの気持ち

生き方

俺は子供が欲しい。それは水が飲みたいとか眠いとかと同じ、理由抜きの感情なのかもしれないけど、あえて考えてみれば、俺は自分の生を次に託そうとしているのかもしれない。自分の生を諦めたというわけではないけど、やりたいこともないから、その空白を子供で紛らわせようとしているのかもしれない。みんなの話ではない。俺の話だ。

俺は子供の頃から何かに夢中になったことがない。寝食忘れて取り組めたことといえば、オナニーくらいなもんだ。その時々に、頑張ってきたつもりだけど、頑張ろうと意識して頑張ったものだ。好きで、楽しくて、頑張る必要もなく頑張れたものはない。

好きなものを通して社会に貢献したいと思ってきたけど、俺が好きなこと、夢中になれることもない。その空白を子供で埋めようとしていないか。子育てをすれば忙しく、しかもそれは有意義なことだと感じるだろう。社会への貢献だともみんな思ってるんじゃないか。だから保育園落ちた日本死ねなどという傲慢な発言も出る。

周りの多くの友人は子供もいて、家庭もあって、仕事もして、良い意味で人生の外堀も内堀も埋まっていて幸せ感じてるかな。

コメント

最近のコメント