「謙虚」と「おどおど」の差は自分の思いがあるかどうか

生き方

誰が言ったか、謙虚な男は美しく、おどおどした男は醜い。

「あいつはいつもおどおどしていて腹が立ってくる。だいぶ年下の奴にタメ口聞かれてるのに、自分は敬語でそいつに敬語使って話してる。あいつはそれでいいのかと見ていて思うね。すみません、すみませんと1日中言ってる。あれじゃ仕事でも馬鹿にされて交渉や調整相手ともきちんと話ができない。あいつの態度見たらわかるだろ。あいつは悪くない奴なんだけど、可もなく不可もなくというか、俺はこうやるという気持ちというか、積極性を感じないんだよ。まあ、あいつの性格だからどうしようもないんだけどね。」

最近職場でそんな話を聞いた。俺の話ではない。同僚の話だ。確かにそいつは「おどおどしている」と形容されても仕方がない感じはある。だが、俺はその男のことを謙虚でいい感じの奴だと思ってきたから、残念だった。謙虚なあの男がそう周囲に思われるのは、悲しさを感じる。

謙虚な男は評価されてほしい。馬鹿にされてほしくない。謙虚な人の優しさや弱さにつけいる奴らには腹が立つ。

冒頭の言葉は本質をついているとは思う。敬語・タメ口云々の話ではない。そんなことは、まあどうでも良いといえば良い。

それよりも、最後の部分だ。やはりただ単に謙虚なだけな奴はおどおどした奴と捉えられるのかもしれない。自分の「思い」や「主張」があれば、ただ謙虚ではいられない。ただいつも謙虚なだけの奴は、単に争いを避けたい、無難に過ごしたい、衝突を避けたいがゆえの謙虚であり、それは謙虚とは呼ばないのかもしれない。自分の思いがない、いろんなことをどうでも良いと思っている、ただ衝突を避けられればいいと思っているのかもしれない。主張や思いがあれば、言葉遣いなど表面的にはどうあれ、夢見る謙虚じゃいられない。

俺は、情熱と思いを持って仕事をしたい。今、俺に正直それがあるかどうか。仕事中それがないことが多い。どうでもいいと思っていることが多い。衝突を避けて下手に出ておけばいいなどと思っていないか。くそが。情熱と思いを持って生きたいんだ。自分の思いと主張を持って、礼儀を持って接する、それを謙虚と呼ぶのではないか。

だが俺にはそんなおどおどした男にも美しさがあると信じてる。かっこいい男ばかりが人間じゃない。おどおどした男にはそいつにしか出せない美しさがある。もしそれがないなら、悲しすぎるじゃないか。おどおどした奴だって選んでその性格になったわけじゃないぜ。頼むぜ神様。

コメント

最近のコメント