ポルノを自作してえ

自慰禁

コンピューターグラフィック、deep learningなどの技術が俺にあれば、自作ポルノを作りたい。AV監督になりたいという話ではない。

8ヶ月オナ禁欲していた中学3粘性の時、

W

X

Y

と白紙に書いて興奮した。Wに丸みをつけ、おっぱいにして、Yの中には陰毛を書いた。気づけば、白紙にエロ漫画を書きはじめていた。

露天の女風呂を竹柵で仕切られた男風呂から覗くというありきたりの設定で、竹柵の間に隙間があり、まずそこから巨乳を覗いた。頭の高さとチムポの高さにちょうど良い穴があり、そこから突き出したチムポを手コキしてもらうというものだった。下手くそな絵、ありきたりな設定でも、ギンギンに興奮した。

そこにはエロ創作の喜びと興奮があった。

その延長線上に、いつも心のどこかに自作ポルノへの憧憬があった。

その気持ちを俺は追求すべきだったかもしれない。今はオナ禁しているからやっていないが、エロ動画の編集は今でも楽しい。寝食忘れて取り組める。だが、俺の編集など編集などと呼べるものでもない。ただ既存の映像に音声をつけたり、切り貼りしたり、音楽をつけたり、映像を重ねたり、2Dを3Dで楽しめないか模索したりとそんな程度だ。それでも楽しい。

一からCGポルノを作るのはとても時間がかかる作業だと思うが、可能性に満ち満ちている。どんな女性も体もプレイも選び放題、自分の嗜好を具現化できる。

下の有名なCG動画を貼るのはポルノ用途を意図していないだろう製作者に申し訳ないが、すでに世界は来ている。

今からでも遅くはない。勉強しよう。勉強しなくても、待ってるだけで大丈夫かもしれんが。

 

 

コメント