「いいひと」=「どうでもいいひと」だが、「いいひと」のままでいい

弱い男の恋愛論

あなたは周囲から、特にあなたが男性なら女性から、「いいひと」だと言われていないだろうか。俺はずっと言われてきた。そしてそれが「どうでもいいひと」とか「使い勝手のいいひと」だという意味だとは、ずっと前から分かっていた。そんなことは自称恋愛経験豊富な奴に注意されるまでもなく、感覚的にわかることだ。

子供の頃ならいざ知らず、思春期以降の男で、「いいひと」だと言われて、単純に喜んでいる男など、そうそういないのではないか。

「いいひと」と言われる人は、「いいひと」=「どうでもいいひと」というのがインターネット上で盛んに言われる前から、みんな気が付いているんじゃないだろうか。明確に言語化して分かっていなくても、感覚的に「いいひと」というのが必ずしも良い意味でないことを男は分かっている。少なくても中学生の頃の僕は、「いいひと」と言われて歯痒い気持ちを味わっていた。

以下のように、ネット上の恋愛系サイト等で、訳知り顔の自称経験豊富なライターに注意されるまでもなく、分かっているんだ。

男なら「いいひと」と言われるな。それは「どうでもいいひと」だと女から思われている。女性にとって「いいひと」は恋愛対象外。そして、同性からも「利用勝手のいいひと」だと思われている

だから、俺はそんなことを偉そうに書いているサイトにはいささか腹が立つ。分かっているが、自分が変えられないから悲しいんだと。その気持ちを分かりもせずに、偉そうなことをぬかすなと。

いや、もちろん無理して「いいひと」じゃなくなることは可能ですよ。もっと自分をしっかり持って、自己肯定感を高めて、自信をもって、他人より自分のことを優先させて、他人に合わせることをやめて、YESマンをやめて、いじられキャラをやめて、人目を気にせず、人との対立を怖れず、ひとをうまく呼び捨てにし、合コンで気を遣うのをやめて、飲み会の幹事ばかりやるのをやめて、雑用を率先してやるのをやめて、人の悪口も時々言って、女のことをうまくdisって、度を過ぎた謙虚が卑屈に見えるのをやめて、聞き役に徹するのをやめて、自分の意見を主張し、我慢するのをやめて・・・etc

「いいひと」にならないための注意事項は挙げればきりがないけど、いや、無理すればできますよ。なれますよ、「いい意味でやなやつ」に。女からも恋愛対象になり、自分の利益をしっかり守り、良い意味で自己中心的な奴に。

でも、無理して自分を変えようとすれば、ほんとの自分を見失うんですよ。無理して自分を変えようとしたら、もう自分じゃなくなる気がするんですよ。M男がS男のふりしたって、ほんとはM男なんですよ。

俺は、そんなことばかり考えて生きてきたら、すっかり「悪い意味で嫌な奴」「一見いいひとに見えるけど嫌な奴」になってしまった。だから、俺は今「いいひと」だと言われている男達に言いたい。声を大にして言いたい。あなた方は「いいひと」のままでいいと。変わる必要はないと。

「いいひと」=「どうでもいいひと」だとか言って、恋愛対象から外してくる女、いいように貴殿を使おうとしてくる男女、組織、この世の中。しかし、貴殿は間違っていない。間違っているのは、「いいひと」を「どうでもいいひと」だとしか思えない糞アマであり、マウンティングしてくる同性どもであり、この社会なのだ。

貴殿を「どうでもいいひと」だと見る女など、こちらから願い下げだ。あなた本来の良さで理解し合える女性が必ずいる。

貴殿を利用しようとするものから最低限の自己防衛をした上で、貴殿は貴殿のまま美しくあってくれ。無理に自身を変える必要などない。ただし、そんなことを言っている俺も含め、社会は常に貴殿を利用しようとしていることを念頭においておく必要はある。それが最低限の自己防衛だ。しかし、繰り返しになるが、そんな社会のことばかり気にする生き方は悲しい。望むらくは、「いいひと」が自信をもって「いいひと」でいられる社会であってほしい。

コメント