余計な気遣いで今日は疲れた

三連休明け、なぜかやたらと疲れた。この疲労感どこから来るのか。おそらくは人間関係含め無駄なことに気を遣い過ぎているためだ。

多部署への依頼をどのように行えば、分かりやすいか、依頼を受ける人にとって効率的になるか、メールを送るだけでは失礼にならないか。そんなことをたくさん考えて疲れてしまう。良い意味での他者への配慮はもちろん必要だ。しかし、日本人の仕事の仕方は全部丁寧過ぎる。気を使いすぎる。

それがために、肝心の生産性が落ちている。もっと良い意味で雑になりたいし、周りもなってほしい。

よく言われる話だが、きちんとやろうし過ぎて、皆で自分達の首を締めるのはやめにしよう。

要らない気遣いや丁寧さはなしにして、必要なものに集中しよう。

過剰サービスもなしだ。24時間営業も過剰包装も丁寧すぎる接客もだ。過剰サービスを要求することは、まわりまわって自分の首を絞める。

こんなこと皆んな言ってますね、はい。いつも思うんですが、今日もそう思った次第です。

コメント

  1. ららら より:

    たしかにそうなればいいですね。みんな顔色伺ってばかり。
    私も佐崎さんのように思う部分は多々ありますが、なかなか思うようにはできないんですよね。まずは自分から変わらないとね。
    自分が変えることができるのは、自分だけですからね。

  2. 佐崎慎治 S野M男 こと 佐崎慎治 より:

    らららさん、コメントありがとうございます。私はこんなことを書いておいて、周りの顔色ばかり伺ってる、そうカメレオンです。周りがそうなってくれれば自分もそうなれるのにという他力本願ではなく、らららさんのおっしゃるとおり、自分から変わらないとですよね。
    愛をください愛をくださいzoo zooと言うのではなく、ほしけりゃ自分から愛を与えなきゃいけないのと似てますね。