乙武氏の義足プロジェクトに千円だけ払った 人が寄付をする理由

Uncategorized
乙武洋匡の義足プロジェクトを応援したい!│SILKHAT(シルクハット)吉本興業のクラウドファンディング
一般社団法人xDiversity

クラウドファンディングは寄付ではないが、まあいい。当然節税対策の話でもない。

この乙武氏の義足プロジェクト、金が結構集まっている。自分も含めて、おそらく収入は乙武氏よりずっと低い人たちが金を払っている。

寄付をする人の数だけその理由があるだろうが、私の場合はオナニーだ。千円だけで自分の中に美しい感情を見出せたような気がして、世界の美しい何かと一体となれるかのような射精感を味わうことができる。

乙武さんは不倫をしてから知ったような気になり好きになったが、乙武さんを応援するわけでもない。乙武さんに歩いて欲しくて寄付をするわけじゃあない。それに、今集まってる額ぐらい彼なら金を募らなくても出せる。乙武さんも、金が欲しくてやってるわけじゃないのは自分でも言ってる。義足Pの広告塔になるのだと。

かと言って、その義足プロジェクトのために、俺が寄付をするわけでもない。歩けない人に歩いて欲しくてとか、この世界を少しでも良いものにしたくてとか、少ないながら千円をとかそんな崇高な精神を俺は持ってない。他人のためにとか言い出した時点で、俺には偽善臭のするキナ臭いものに聞こえる。

人間はどこまでも利己的な存在だと思う。利己的にボランティアをして、自分がやりたいから被災地に支援をしに行って、自分がやりたいから、気持ちいいいからヒトに親切にする。その利己心こそが本物の利他性だと俺は思う。他者のためになんて、嘘くさく思えるけど、自分のためにと言ってる奴は信じられる。石原慎太郎もその小説『化石の森』の中で言ってる(と俺は解釈している)。人間にとって他者への愛、利他性というのは、自己愛を突き詰めていった先にあると。

ブルーハーツも歌ってる”いい奴ばかりじゃないけど悪い奴ばかりでもない” 千円だけでそんな世界を感じられるんだから世話がない。そして、俺だって、いいとこばかりじゃないけど、悪いとことろばかりじゃないって感じちゃうんだぜ。

このクラウドファンディングに金出してる奴らの中に、泥棒がいたっていい、不倫している奴らがいたっていい。世界に善悪が混在しているように、一人の人間の中にだって善悪が混在していてしかるべきなのだから。そもそも善悪なんて存在しねえぜ。

たかが千円出しただけで、こんな文章まで書いて射精してるんだ。オナニー野郎は世話ないぜ。

コメント

最近のコメント