M男の定義につきまして<M男は蔑称なのか>

はじめに・自己紹介

誰も気にしていないと思いますが、僕なりのM男の定義みたいなものを記しておきたいと思います。M男といっても、何も性的なことだけを指すものではございません。

気が付くといじられキャラになっている人、気が付くと損な役回りを押し付けられがちな人、冗談でも馬鹿にされやすい人、気が付くと自分だけ先輩扱いされていない人、周囲の考えを気にして自分の意見をなかなか言えない人、みんなに「いいひと」と言われその実「どうでもいいひと」と思われているひと、虚勢はってるけど、ほんとはびびってる人、他人に強く言えない人、怒れない人、などなど、私は極端に広義の意味でM男という言葉を使っております。

もちろん恋愛や性的な意味でのM男も除外いたしません。女性にリードされるのが好きな人、リードされるのが好きでなくても心地よい人、甘えたい人、いい子いい子されたい人、叱られたい人、叩かれたい人、授乳されたい人、アナル責めされたい人、万力で睾丸を潰されて、棒を突っ込まれて電流流されたい人、ソフトMからハードMまでなんでもござれです。

悔しいのは、一般にM男という言葉が使われる時、または思い描く時、ある時はあからさまに、ある時は言外に、M男が蔑視されている気がするのです。M男の被害妄想癖をさしひいても、やはり一段下に見られている気がするのです。そしてそれは往々にして、性的なM男と対人関係でのM男を混同しているものであります。M男だから蔑視されるのが好きなんだろとか、考え違いも甚だしいところでございます。

「〇〇くんは、Mだからね~」

などと言われ、いい気持ちがする人はあまり多くないのではないかとソフトM男の私などは思ってしまいます。ハードMの方々であればまた違うのかもしれませんが、そこは私ごときが想像が及ばぬ世界です。

私は自分がM男であることを堂々と人に言えない自分も嫌いだし、M男だと言われて気にしている自分も嫌なのです。堂々としたM男に私はなりたい。M男は決して蔑称であってはならない。蔑称だと感じる私のひとりよがりかもしれませんが。

M男はいまこそ団結を。M男はかっこいい。そうなるように、頑張れM男!

コメント