俺たちの愛し方を「非モテコミット」とか言って馬鹿にするな

恋愛系の話

恋愛工学だが、モテ男だが知らねえが、俺たちの愛し方、俺たちの生き方を馬鹿にするな。

お前らが、恋愛工学なるものを使って女とヤるのは勝手にしろ。それで幸せだっていうのもお前らの勝手だ。だがな、一途に、不器用に、誠実に女性を愛そうとしている人間のことを、非モテだとか、非モテコミットメントだとか、見下したような言い方をするのはやめろ。

さすがに分かってると思うが、幸せなんて主観的なものだ。女とやりまくって幸せだという男もいれば、生涯1人だけのパートナーとセックスする方が幸せだっていう考え方だってある。どちらが正しいとか悪いとかなど当然ない。生物学的にもどちらが優れた戦略かなども分からない。

お前らが非モテだといって馬鹿にしている男達の中には、不器用に心身を鍛え、ナンパの片手間に筋トレしているようなお前らなど、瞬殺できる男だって多くいる。

本当のモテ男はお前らのように多くを語らないし、非モテだとか非モテコミットメントなどと言って、人を見下さない。

ただし、お前らが先生と仰ぐ藤沢数希氏は、上記を分かってはいると思う。非モテだとか、非モテコミットメントだとかの言葉は使っているが。藤沢氏の著作「僕は愛を証明しようと思う」の終盤からそれが伝わってくる。なお、この本は正直面白かったし、読んでよかったと思う。ああ、俺もやりまくりたいなという欲望を感じたことは申し添えておく。

欲望を満たすことが個人にとっても、社会全体にとっても必ずしも幸せにはつながらないというのは以前ここ等に書いてきた通りです。人間は欲望と向き合い、自分の、そして相手の幸福を考えることができる。

ぼくは愛を証明しようと思う。 (幻冬舎文庫) [ 藤沢数希 ]

価格:745円
(2018/6/6 00:19時点)
感想(0件)

コメント

最近のコメント