大切な人のために働け、生きろ

生き方

これは自分に向けても書く。

自分が病気になった時、動けなくなった時、最後まで自分を大切に思ってくれる人はだれか。

常にその人のことを考えろ。会社の為、組織の為、社会のために働くのはいい。でも、そのために大切な人のことが疎かになっていないか。

会社は、社会は、自分が病気になったとき、心の底から自分を心配してくれるか。嘆いてくれるか。

自分を大切にしてくれるから、その人を大切にしろ、その人との時間を大切にしろという話ではない。契約の話ではない。愛の話だ。愛をくれる人を愛せという話ではない。ほんとに愛すべき存在をないがしろにするな、見失うなという話だ。

俺たちは日々の忙しい仕事に追われ、ストレスとプレッシャーとやり甲斐に晒されて、仕事に集中しがちだ。今は忙しいから仕方ない、今日は仕方ない、今年は仕方ない。そうしているうちに、人生は終わる。

目の前にニンジンならぬ、仕事をぶら下げられて、褒美でもないのに、集中してそれだけ追ってしまう。仕事でなくても、飲み会でも何でも。

大切なひとを大切にすることだ。なぜあの人ともっと時間を過ごさなかったんだろう。死ぬ時に後悔することになる。

何のために働くのか。自分の生存のため、大切な人達の生存のため、大切な人達の幸せのため。最低限の生存が確保できたら、仕事のために大切な人達との時間を犠牲にしてはいけない。

自分が最も大切にしなければならない人は誰なのかを常に心に留めて生活することだ。

そんなことはお前に言われずとも分かっている。分かっているけど、日々の仕事や生活のその時々に追われて、その時だけ忘れてしまうんだ。やらねばならない重要な仕事が生じていると感じてしまうんだ。

テレサだって言ってる。What can you do to promote world peace? Go home and love your family.

コメント