田中と坂上 別れていた②

弱い男の恋愛論

この記事の続きです。

しばらくして坂上が用事あるんでお先にと言って帰っていった。本当に用事があったのか。

田中氏と急に二人になって緊張した。また小説の話をした。田中氏は小説が好きで、俺とは好きな小説のタイプは違う気がするけど、田中氏と本の話をすることが俺はとても楽しい。先週は、例えば、白石一文の『一瞬の光』を二人とも読んだことがあったので、登場人物について感想を言い合ったりした。主人公をあまり好きじゃないと田中氏が言っていて、俺は内心微かに喜んだりした。主人公は正統派かっこいい男だからだ。

それから、また俺の書いた小説の話もした。田中氏は「M男の欲望(自慰を中心に話が展開する小説)」も「kiss the rain(警察官になってすぐの若者が主人公の話)」もすでに大分前に読んでくれていた。「この世に女はいないと思え(運動の話)」を最近まとめてこのサイトにuploadしたのも、田中氏から続きを読みたいと言ってもらったからだった(俺はその言葉がすごく嬉しかった)。

田中さんは、「kiss the rain」が好きだと言ってくれた。特に最後のシーンを綺麗だと思ったと言ってくれた。一番最初に書いた小説で、幼稚な表現満載なのだが、ストーリーは俺も気に入っている。最後は尻切れトンボの唐突感が否めないが。

モデルは誰だとか、何で警察の話を細かく書けたのかとか、そんな話に俺はすっかり楽しくなっていた。多分調子に乗ってペラペラ話し、ペラペラの人間をさらけ出したように思う。でも、それでいい。

このサイトで「田中さん」と呼んでいることについて、「私、田中理恵に似てるって言われたことがない」て言ってた(嫌そうでも喜んでもない感じで)。最初に見たのが運動している田中さんだったので、アスリートつながりや、髪の毛を後ろでキュッと縛っている髪型や、骨格やしなやかそうな筋肉を想像して、田中理恵を連想しただけだと俺は言った。確かに今では田中理恵に似ているとは思わない。田中理恵も十分美しい。しかし田中理恵にはすまないが、彼女はもっときれいだ。

誰に似てると言われるのか聞いたら、彼女はなかなか言わなかったが、最近twiceのtzuyuに似ていると言われたと言って、俺は「確かに!」と興奮気味に同意した。俺は最近twiceの動画に見入ってしまったと書いたが、それはこのためだった。kpopの動画は性的なものを多く感じるために避けていたのだが、これを聞いて見たくなってしまったのだ。twiceもtzuyuも知っていたし、別に改めて見る必要もなかったのだが。しかし、確かに雰囲気が似ているのであった。長身でしっかりとした骨格。目鼻立ちのはっきりした顔立ち。彼女の方が色が白く、そして、いや、やめておこう。いや書こう、そして巨乳だ。

田中さんは、自分は台湾との混血なので、台湾人であるtzuyuに似ていると言われるのかもしれないと言っていた。父が日本人で母が台湾人だという。手足が長く背が高い田中さんの体格ももしかすると、そのせいかもしれないなどと思ったが、台湾人は平均身長的には日本と同じくらいだと思う。

いろんな話をした。楽しかった。

コメント