ブラジルでオナ禁6日目の人、聞こえますか

生き方

オナ禁6日目にして既にいい気持ちだ。体に力がある。元気がある。今日が金曜日だということもあるだろう。夜の飲み会も楽しみだ。

あまり飲み会を楽しみだなどと思わないほうだから、調子が良いのだ。

エロが残像のように頭に浮かぶことがあるが、まあふつうのことだ。

そんなことより、みなが良い心持ちでこの日を過ごせることを願おう。

みんなが楽しければ俺も楽しくいい気持ちになる。世界のいい気持ちがつながって、俺まで楽しくなることだろう。

経済面で世界は繋がってるなんて言うけど、感情や気持ちの面でもやはり繋がってるんだろな。実感ないけど。

聞こえますか。聞こえますか。ブラジルの人聞こえますか。膝中心の生活してますか。きっとブラジルのどっかでオナ禁してる奴の良い心持ちが、巡り巡って、俺の今日の良い心持ちにも繋がっている。

殺伐とした気持ちの人間が増えれば、人間全体の気持ちが殺伐としてくる。俺たちの感情は、行動とともに世界中を伝わって影響を与えあう。

世界中で精液とマン汁が飛び散って混ざり合う。そして新たな世代が生まれ、また液体も感情も飛び散って混ざり合う。俺たち人間はひとつの大きな生命体なんだ。たとえひとつひとつの個体が子孫を残せなくても。なんだかせつないが。

コメント