オナ禁83日目 戻ってきた 俺の夏が

生き方

俺の住む町では

夏が最後の気力を振り絞って

戻ってきたような気持のよい青空が

ひろがった

戻ってきた 戦士たちが 戻ってきた

 

一度は終わったように思えても

夏は何度でも戻ってくる

あきらめるのは 早いぜ

 

自分のことを

おっさんだからとか

低身長だからとか

ぶさいくだからとか

頭悪いからとか

運動できないからとか

肌汚いからとか

ださいからとか

うまく話せないからとか

 

あきらめるのは まだまだ早いぜ、吾一

『たったひとりしかない自分を、たった一度しかない一生を、ほんとうに生かさなかったら、人間、生まれてきたかいがないじゃないか。』by 山本有三「路傍の石」

(奉公から一時帰宅した吾一が、おっかさんの作ってくれたおはぎを食うシーンは泣ける。愛を感じる。)

やるしかねえ やる鹿 鹿しか 角何本

 

話は変わるが、古いおな禁ブログがネットの大海にいくつも隠れ漂ってる。禁欲ブログランキングなどには登録などしていない隠れたブログが。とても興味深い。

オナ禁なれの果て」 タイトルもなんか好きだ

SRA あの日俺達は確かにセカイに挑んだ」 女を求めないなど考え方は変わってるが、興味深い。

オナ禁ブログは、波の泡のようにネットの大海に生じては消えていく。すぐに。

皆がどこか別のブログで読んだことを、テストなんちゃらを増やすにはとか、筋肉トレーだとか、モテるにはこうしろだとか、サプリメントがなんだとか、繰り返し繰り返し書いている。波が何度も打ち返すように。俺もな。永劫回帰だ、ニーチェ。オナ禁して超人になりてえんだ、ニーチェ。

みんな発信が大好きだ。みんな俺を見てくれ、俺の話を聞いてくれと、鳥の巣の雛鳥よろしくぴーちくぱーちく。誰もひとの話なんてきいちゃいねえ。俺を見てくれ、俺を。俺が俺が。この人を見よ、ニーチェ。

かくいう俺も、小説などを以前書き、マスを掻き、俺を見てくれ、俺の話を聞いてくれと、オナニー甚だしい。

オナ禁ブログの主な終わり方には3種類ある。

ひとつは、オナ禁が続かなくて書くよりマス掻くのにエネルギーもってかれて終わる。

ひとつは、ブログで金儲けとか、有名ブログインフルエンサーオナニーできるんじゃねえか、とか目指して始めたけど、ぜんぜんダメだなって終わる。

ひとつは、オナ禁してたら、成長して、オナ禁オナ禁言ってる場合じゃねえなって終わる。卒業だ。まあ、いい終わり方だ。

オナ禁ブログが続くためには、やはりブログを書くことそのものがオナニーのように好きだから、そうじゃなきゃ続かねえと思う。マス掻くようにブログを書くオナニーブログ。

こんな風に脈絡もなく支離滅裂なことを書いてはいても。

いい音楽を聴くと、涙が出る。夏の恋じゃねえけど。オナ禁すると感情豊かになるとみんな言ってる。売れてる芸能人とかて、音楽のライブとかですげえ泣いてるらしいぜ。感受性が豊かなんだな、やつら。

路傍の石 (新潮文庫)

路傍の石 (新潮文庫)

posted with amazlet at 19.09.06
山本 有三
新潮社
売り上げランキング: 30,140
この人を見よ (新潮文庫)

この人を見よ (新潮文庫)

posted with amazlet at 19.09.06
ニーチェ
新潮社
売り上げランキング: 31,224

コメント

  1. 「Mr.T」 より:

    私もブログで数々のオナ禁ブログは生まれては消えて海に沈んでいくと表現しましたが、私のブログはなんだか海から空に浮かんでこれまた消えて見えなくなっていくような気がします(笑)

    • 佐崎慎治 佐崎慎治 より:

      エムアールティーさん、見てくださってありがとうございます。
      ユーベルメンシュへの階段は大変興味深いです。たしかに色々なオナ禁ブログとは大きく違い、空に浮かんでます 笑

最近のコメント