オナ禁81日目 ワクワクしている

生き方

人間が若く健康な時、毎日わくわくしているのが本来の状態なのだと最近とみに感じる。

今日何か面白いことおきるかな。誰かと会って楽しいことになるかもしれない。そんな期待を毎日感じている。

このワクワク感、情熱感は、思えば小学生の感情に近いものがある。

長時間オナニーばかりしている時は、恒常的に感じるそのワクワク感、悦びが、エロ動画探しやペニスを触っている時に、ぎゅっと凝縮される。言い換えれば、オナニー時間以外は、いろんなものに無感動、無関心、面倒になるというのは、数多のオナ禁ブログでみんなが書いているとおりだ。

月曜になれば、週末の長時間オナニーを楽しみにし、平日の仕事を乗り切ろうとする。楽しむ気持ちを持てない。

朝起きれば、なんとか元気だして夜まで仕事して、早めに寝て回復しようとする。その日、その瞬間を生きられない。楽しめない。

以前にも書いたが、射精は、時間にピリオドを打つ行為だと感じる。達成したと体が感じて、気持ちが継続していかない。週末に長時間オナニーしている時は、毎週毎週が一つの区切りになり、月曜が憂鬱だった。意味が伝わらないかもしれないが。

これも何度も書いているが、どちらの幸福、快感を選ぶのかは自分次第であるが。

話は変わり、最近、なげやりになりかねない出来事があった。こんな時にオナニーに逃げてしまうかどうかで、その後の生活が変わってくる。大袈裟に言えば、人生が変わってくる。

また大袈裟だが、うまく行かない時に、なげやりにならず、諦めず、自分の信じることをコツコツと続けられるかどうか。

仮にオナ禁に効果が乏しくても、その人生に対する姿勢は、確実にそのひとの人生を変えていくものだ。

今日も頑張ろう。楽しもう。

コメント

  1. 子供部屋おじさん① より:

    筆者さんは、オナニーに問題があるのではなく、そのよくわからない長時間オナニーというものに問題あるのではないのですか?
    長時間オナニーをするということの意味があまりよくわかりません。朝までとか。
    長時間オナニーをするというその精神構造に問題があるような気がします。
    オナニー自身にそれほど影響があるとは思えません。経験上だけでなく、統計的にも。

    • 佐崎慎治 佐崎慎治 より:

      子供部屋おじさん、おっしゃるとおりだと思います。問題はオナニーそのものより、ポルノオナニー、そしてポルノを使用した長時間オナニーだと思います。
      ただ、物理的刺激のみの短時間オナニーも勿体ない行為だとは思います。性エネルギーを浪費してしまうように思う。たいした問題はなくても。
      長時間オナニについてはこちらをご覧ください。https://ganbaremo.com/overnight/
      精神構造に問題ありだと私も思います。

最近のコメント