オナ禁四十九日法要 オナニー男は成仏した

生き方

神は七日目に人間を作った

法要は7の倍数で行う

聖書でも仏教でも偶然7の倍数の意義は大きい。人の作ったものかも知れんが。

四十九日法要。オナニー男は逝った。

いま、オナニーしたいとはまったく思わない。ポルノが頭をかすめることもない。

自然と、動物的な欲求の発露として、セックスがしたい。

セックスがしたい、セックスがしたい、セックスがしたい。

恋がしたいとカマトトぶって言う女よろしく、

部活帰りに、セックスしてえー!と叫ぶ中学生よろしく、

38歳の俺は、セックスがしたい

なんて自然で、醜く、美しい感情であることか。

誰でもいいからセックスがしたいなんてことはない。

厳選したセックスがしたい。

そしてみんな死んでいく。

今週は毎朝、仕事に行く前に走った。

日光を浴びながらの運動は最高。俺にはな。

今朝も公園のトラックに行くと、週末だからか、大勢の老若男女が、思い思いの行動をしていた。

長距離走る者、ダッシュするひと、テニスするひと、バスケするひと、ボクシングのシャドーするひと、散歩するひと、読書するひと、日光浴するひと。

みんな思い思いの行動で、脳内物質ぶっしゃー出そうとしてる。脳汁だらだら垂らそうと。今日という日を、人生楽しもうとしてる。

かつての俺が徹夜して長時間avを真っ暗な部屋で見続けて朝を迎えた日にも、こうして朝の公園では、別の方法で脳汁出してる奴らがいる。

リオデジャネイロの海岸では熱い風が吹き、南極の氷は音を立てて溶ける。

世界はみんなを乗せて。

そしてみんな死んでいく。

そんな世界の中で、

今日も俺たちは生きている。

コメント

  1. 夏満喫してます より:

    どうせまたオナニーしますよ。そして、また禁欲し、また同じように感じる。
    それが人生ですよ。悲しきかな。

    • 佐崎慎治 佐崎慎治 より:

      夏男さん、コメントありがとう。
      そうですね。多分オナニーしますね。