禁欲24日目 小説を書くことにした

生き方

久しぶりに小説を書こうという気持ちになった。なんでもかんでも禁欲のおかげにするのは間違っているし、実際にそうでははないと思うけど、書くことにした。まず第1話だけ書いた

できたら多くの人に読んでもらいたいし、英語で書くことにした。俺の英語がデタラメだけど。クソみたいな俺の小説でも英語で書いた方が、対象人口多いから。

あと、最近仕事で英語を使うことが多くなってきたので、勉強のためにというのが大きい。でもスペスミスとか文法とかなんて気にしない。

俺って英語で小説なんか書けちゃうんだぜ、なんて気持ち悪い気持ちは誓って微塵もない。俺は英語できないけど、英語できるなんてそもそもくそほどの自慢にもならないという考え方だ。毎日くそがスムースに出ることの方がよほど自慢になる。ここでスムーズじゃなくてスムースなんて書くところに吐き気を感じるほどの英語自慢嫌いだ俺は。日本における英会話学校のCMからは目を背けたくなる。

これまで小説は3つ書いた。このサイトに載せているものだ。どれも日本語だ。マザーたんじゃないから、ニュアンスもよくわからないから、英語で書いた方がデタラメに、余計なこと考えずにすらすらとかけるかもしれない。

小説の内容には、このブログの一つのトピックでもある禁欲を取り入れようと思う。読んでもらえたら、嬉しい。

コメント