2019-01

NO IMAGE 生き方

残業せしめる1日の心の動き

起床 すでに疲れている。よく寝た感がないなどと思いながら、目覚める。今日は早く帰って十分に休息するぞと思う。独り言で疲れたなどと発して、いかんと、言葉を変える。 8時頃 目が覚めてきて、今日頑張るぞという気持ちが出てくるこ...
生き方

ネズミ男、車輪の上を走る

飼育ケースの中のネズミ男が、あのくるくると回る車輪の上を走っている。ケースの外には大きな道が見え、そこを走るべきなのにと自覚していても、車輪の上を走ることをやめられない。 車輪の上を走っても餌がもらえるわけでもない。ここを走っても意味...
生き方

思考に気をつける 余計なことを考えない

望むと望まざると、俺たちは日々思考しまくっている。無意識の思考だ。ナイスな体の女を見れば目が奪われると同時に思考も奪われる。知らずにいろんなことを考える。 性的な話だけではない。その日にあった嫌なことを無意識に考えていたり、緊張感じる...
生き方

月曜の憂鬱なあなた、或いはストレス感じてるあなたに

俺たちが通勤する時にも、オフィスで働く時にも、寒い外で働く時にも、北極では氷が音を立てて割れ、赤道近くの海中で燦々と照る太陽の下、魚が音もなく泳ぐ。 俺たちの心臓は打ち、内臓が知らずに動く。ミトコンドリアは酸素をエネルギーに変換する。...
生き方

男にとってsexは存在の肯定であり、自慰は自己否定である

セックスとは外形的にみれば、単に体の一部が、体の一部に入るだけのことであるが、どうして男はこうもセックスを重要視するのか(重要視するのは女もだが)。男はセックスを経験していないというだけで、焦ったり、情けなく思ったり、恥ずかしがったりする。...
NO IMAGE 生き方

次の10年間で何がしたいか

この10年間、とても早かった。このままやってるとすぐ次の10年間も終わると思う。 俺は次の10年間で何がしたいか、どうなっていたいのか。 俺は物欲は少ない方だ。家族との幸せな時間が欲しい。だから家で働きたい。会社での労働に時間を...
生き方

結局残業している俺

年始にこんなことを書いたが、結局残業してしまっている。 なんでだ。業務量が自分の時間内に捌ける範囲を超えている。俺の能力の問題ではないと信じている。俺は大規模な会社で働いているのだが、組織内で同様業務に従事している職員...
生き方

なぜ俺は自分の品位を落とすようなこんなブログを書くのか(オナ禁6日目)

誰しも経験があるはずだ。自分の書いた文章を後から読んで、身の毛もよだつような、鳥肌が立つような、目を塞ぎたいような気持ちを味わったことが。 その文章はラブレターかもしれないし、日記かもしれないし、ブログかもしれない。 俺は何度も...
Uncategorized

音楽が心に染み入る日

そんな日が時々あった。10代、20代の頃だ。そんな日が、最近めっきり来ない。 感受性が鈍っていると感じる。年齢が上がってきたからだなどというのは、そんなものはただの言い訳だとは思う。ただ、でも、やはり、若い頃の感受性の豊かさ敏感さとい...
Uncategorized

乳首を触ると宇宙と孤独を感じた少年時代(共感する人いませんか)

同じ感覚があった人はいないだろうか。俺は、特に性的に目覚める前、またはその後の思春期、乳首を触ると、宇宙に漂う人間の永遠の孤独みたいなものを感じて、泣きそうな気持ちにいつもなった。性的な感情は想起されなかった。生命の不思議というか、人間の孤...