【オナ禁5日目→1日目】くよくよしても仕方ない

自慰禁

またオナニーした。昨日のことだ。オナニーしている間は最高に興奮するが、終わると惨憺たる心持ちだ。だが、んなことで落ち込んでいても仕方ない。切り替えて前向きにやっていく。

金曜夜にはオナニーせずに、きちんと昨日の柔道教室に行けたのは良かった。昨日の柔道教室には田中さんも坂上さんも来ていた。挨拶とごく短い会話をしただけで、練習後の食事にも昨日は行かなかった。俺から誘うこともなく、二人から誘われることもなかった。腰と背中が痛いのが辛い。痛いのが辛いのではなく、痛くて自由に動けない、頑張れないのが辛い。もっと頑張れる体力はあるのに、すぐに体が痛くなってしまう。もっと鍛えたいのだが。

練習後、帰宅すると、まずのんびりと暖かい昆布茶を飲んだ。体に暖かい水分が染み入るようだった。それから運動後に食欲後が出てくるのを待って、分厚いヒレステーキを焼いてよく噛んで食った。生牡蠣も10個以上食った。運動後の体に栄養が染み入るようだ。先週平日は1日2食で、少食にしていたので、なおのこと食事が美味かった。やはり空腹こそが最高の調味料だと思う。禁欲が最高の興奮剤であるように。

それから、食べ終わると体の痛みがやけに意識された。床暖房でポカポカと体が温まり、そのまま横になってしばらく午睡をとった。1時間くらい寝たか。目が覚めて、しばらく本を読んだ。

夕方からオナニーをした。コーヒーを淹れて飲み、カフェイン注入。運動後の疲れ。ステーキと生牡蠣の栄養。午睡もして頭がスッキリとしている。寒い外気から遮断された暖かい部屋。オナニーコンディションとしては悪くない。大阪城の外堀を埋めるように、徐々に周囲からせめていく。いきなり核心的な動画を探すような野暮なことはしない。

まずは、2chなどで最近のAVについて語っている方々の話を読むなど、テキストベースで興奮を促していく。それから音声を探して聞いたり、ダンスの動画を見たり、徐々にチューンナップしていく。脳のチャンネルを切り替えていくのだ。オナニー世界にチャンネルを合わせていくのだ。一種の催眠状態にしていく。

よく話題にされるような市販薬などに頼るようなことはしない。あくまで自分の体で整えられる範囲でオナニーを楽しむ。健康こそがオナニーの土台だ。

それから、今日の自分の体との対話が始まる。今日の自分の好みは何かと探っていく。オナ禁している人、言い換えればオナニー愛好者であれば、言わんとすることは分かるはずだ。日によって触手が動く対象が異なる。やけに足に興奮する日もあれば、胸部だけに注目する日もある。肉付きが良いのが良い時もあれば、細いのを好む日もある。肌の色しかり。乳輪、乳房、体の形しかり。土台となる嗜好は同一であるが、そこにもローテーションが存在するのだ。その自分の微妙な嗜好の差異を確認する作業を怠ってはならない。今日はどんなものに自分が一番興奮するのか、反応するのか。

この確認作業は視覚だけのものではない。聴覚、嗅覚などもきちんと考えて行かねばならない。動画やVRに合わせる音楽などにも言える。興奮を高める音楽の種類もその日によって異なる。そしてどんな言葉責めに興奮するのか、どんな声質に興奮するのか。はたまたその日は言葉は要らないのか。どんな匂いに反応するのか。どんな匂いつき生理用ナプキンを嗅げばいいのか。それらを踏まえて動画や音声の編集作業を行う。最高に楽しい編集作業の時間だ。

ここで重要なのは興奮していられる時間を見誤ってはいけないことだ。快感をできるだけ長時間味わいたくて、だらだらと寸止めを繰り返し徹夜してしまうなどよくある。その日の体のコンディションが良い日はそれで良いかもしれない。または20代のうちは。健康な時は、または若い頃は快感を享受できる時間も、興奮を維持できる時間もそれだけ長い。放出される脳内物質の量も多いかもしれない。その日の制限時間というものがある。それを超えてしまうと、睾丸が痛くなったり、体が疲労してしまったり、脳内物質が枯渇してしまったり、眠くなってしまったり、勃起を維持できなくなったりして、ふにゃふにゃのまま不本意な射精をすることになる。

上記全てを見極めた上で、エロ探しにも、音楽探しにも、匂い、編集作業にも、見切りをつける必要がある。大海には魚が際限なく泳いでいる。探し続けることで全てを失うこともある。狙っていた黒本マグロが釣れない日だってある。そんな時は、以前の収穫物に頼る必要もある。妥協が必要な時もある。見極めが必要だ。

動画を何度もリピートさせ、音声と音楽を最大音量近くでリピートさせ、匂いを嗅ぎ、肛門にものを押し当て、精液が通るだろう部位をプッシュし、興奮を最大に高めた射精ができた時には、頭が真っ白になり脳内電流が流れ続ける。思わず声が漏れる。

そして静寂が訪れる。我にかえる。そこは皆知っている通りだ。惨憺たる心持ちだ。

音楽を聞きながらこれを書いている。変態気取ってるわけなんかない。本当の変態に失礼だ。人間はみんなこんなもんだ。オナニーしながら人も純粋に好きになる。人間は清濁併せ持つ。何を理性で抑えるか。何を優先するか。何を自分の幸せとするか。

コメント

  1. アラフォー禁欲者 より:

    佐崎さん、大丈夫かな。やれる範囲から徐々にやってきましょうよ。

    佐崎さんと私の違うところは、私はエロ・ポルノにかなり淡白なところかなあ。オナ禁はじめて同時にほぼエロ禁ですが、全くノーストレスで見たい欲求も湧いてきません。代わりにリアルな女性ともっとコミュニケーションしたいっていう意欲は以前にはなかったくらい出てきてますし、実際に食事のお誘いなんかはアッサリとしちゃいますね。失敗もまあありますがw
    あと、女性もまあ寄ってこないような気がしなくもないけど、どちらかと言うと男子が変に突っかかってくるというか、鬱陶しい感じが強いです。

    ちなみにメールアドレスは公開されません、とありますが、入力しても公開されずに佐崎さんだけが閲覧できるんですか?

    • 佐崎慎治 S野M男 こと 佐崎慎治 より:

      アラフォー禁欲者さま、いつもコメントありがとうございます。佐崎です。私は大丈夫なはずです。
      ポルノへの欲求は少なく、生身の女性への関心が高まるのが、健全なあり方ですよね。ポルノ欲求が高まる私は、この点でも自分がポルノ依存だと感じます。
      アラフォー禁欲者さんは、どのようなお方なのでしょうか。男性が突っかかってくるとのことですが、男性にもモテるてことかもしれないですね。
      メールアドレスは私にだけ見られるもので、皆さんには公開されない設定となっております。

  2. アラフォー禁欲者 より:

    はい、オナ禁を始める前はあんまりなかったかもですね、もともと男子で群れるのが苦手で。今も苦手ですw

    今月は明日が満月のようですが、私は満月の前日あたり(つまり今日)に性欲の異常な高まりを感じます(オナ禁して初めて気づきました)。理性を保つのが難しい時期ですが、まあ我慢できないレベルでは有りません^ ^ 佐崎さんもご自愛を。