【1日目】オナ禁総崩れ。ポルノ興奮で頭が真っ赤に燃える

自慰禁

昨晩、またやってしまった。連続で二回。エロの閲覧が止まらなかった。夜中2時まで。翌日の仕事にまで影響を及ぼすからやめなければと思っても、エロ動画を探す手が、目がぐるぐると動き回り止まらなかった。焼却炉のように頭が真っ赤にがんがんに燃えて興奮した。めくるめくポルノファンタシーの世界に没入してしまった。

土曜夜から日曜朝にかけての一度だけのオナニーで留めておくべきと頭では分かっていても、抗うことのできない何かに突き動かされた。薬物依存と変わらぬのではないか。自己嫌悪というストレスからの逃避、どうせ惨めな自分を惨めにしても変わらぬ、どうせならもっと惨めにしたいという自傷行為、自慰行為。興奮、快感。

オナニーを久しくやらなかった時、解禁後の1回目よりも、2回目や3回目の方が、ひどく興奮し、快楽を感じるのは俺だけだろうか。

精液が飛び散るのと同時に、70日積み上げてきた自分への信頼が、大切な生活が、むしろそちらが嘘の自分であったと証明するように霧散した。本当の俺が暗闇からこちらをじっと見ていた。

こんな男に誰が惚れるというのだ。風俗に行かなくても、浮気はしないとしても、ポルノに顔面興奮して見入る男の何が違うというのだ。田中さんに申し訳ないなどと感じるのは滑稽かつ傲慢だが、射精の瞬間にごめんなさいと心が叫ぶ。

コメントをくださったアラフォー禁欲者さんのおっしゃるように、今一度一つひとつ積み重ねていくしかない。積み木を積むように、自分への信頼も、田中さんからの信頼も。

しかし、田中さんからの信頼については再度積み重ねていけるものなのだろうか。あんなことを言った俺に。自慰に逃避した俺に。

オナニーに対しては、そこまで深刻に考えなくてもいいのは分かる。しかし、なんにでも超えるべきではない線というものはある。もう戻ってこれなくなる線が。積み木を積み直せなくなる線が。

覚せい剤や殺人などはそういう一線だと皆が思っていると思う。あの発言がそういう一線だった可能性はあるし、たかがオナニーといえども、俺の依存具合や没入度合いは覚醒剤依存などと大差ないと俺は思う。

しかし、俺にできることは、一つだけだ。積み木を重ねることだ。自分のために、最初から取り組みたい。田中さんのためになどと思うのは、考え違いも甚だしい。モテるためなどでもない。自分の人生のためだ。自分を愛するためだ。自分を愛せない奴に、他人も人生も世界も愛せない。

コメント

  1. クロミズ より:

    初めまして、クロミズです。
    まずは長期間のオナ禁お疲れ様でございました。

    男性からすると部屋に来るのは「行けそうな気がする」ですが、女性はそうもいかないようですね。私も痛い目を見たことが何度もあります。

    既婚の身ですので恋愛のことは遠い昔ですが、同じオナ禁戦士として応援しております。

    まだ終わっておりません。まだ取り返せます。少しずつ信頼を取り戻していきましょう。
    また、田中さんと笑ってお話ができるように祈っております。ザーメン。

    ではまた、クロミズでした。

    • 佐崎慎治 S野M男 こと 佐崎慎治 より:

      クロミズさん、コメントありがとうございます。クロミズさんのブログにもコメントさせて頂きましたが、私のブログ記事に言及してくださってありがとうございます。授乳手コキをパワーワードとお感じになる点や、射精管理や焦らし寸止めにご自身のブログ内で言及されるなど、もしやクロミズさんは性的に少しMですか?
      お祈りありがとうございます。