オナ禁14日目 穏やかにして投げやりな気持ち

自慰禁

14日目だ。10月くらいからだんだん仕事の終わり時間が遅くなってきていて、ここ1ヶ月は毎晩22時、23時頃まで働いているのだが、疲れ自慢ではない。頑張り自慢でもない。ゆっくりと心が死んでいくようだ。このブログを更新する気持ちにならない。というか単純に平日は時間もほぼない。睡眠は7時間は最低取りたいと思っているので、畢竟他のやることが制限される。

昨晩は仕事納めだったが、遅くまで働き、今日は休みで、ぼんやりしている。柔道の練習も年末年始でないし。平日遅い中、土曜日朝から柔道教室に通えるか自信がない。土日はゆっくり寝たい。残業が多くなると、運動もしなくなってくる。言い訳だ。

ぼんやりと穏やかだが、なんだかなげやりな気分だ今日は。こんな時、人間は自慰に走りがちだ。この生活が60歳、65歳まで続いていくのか。一つ一つを大切にして生きて行こうと思った気持ちはどこへ行ったか。完全には消えていない。心の奥の方で微かな炎を残して燻っている。

人間の気持ちなんて毎秒変わる。先週末金曜日は、職場の先輩の魅力のためにか、仕事を頑張ろう。職場に、ひいては社会に貢献したいなどというポジティブな気持ちがあったが、今週はその気持ちもどこかへ消えた。こんな遅くまで働く形は間違っていると思う。業務の効率化にも限界がある。やりだしたらキリがない仕事だってある。仕事と自分の時間の両立を図りたい。仕事をサボりたいわけじゃあもちろんない。仕事も頑張り、自分の時間も持つ。

みんな勝手なことばかり言いやがってと、イライラするな。やはり、自分を愛せるようにしておかないと、他者のことなど思いやれない。まずは自分の心と体をケアすることだ。などと能書きを垂れる。

コメント