オナ禁5日目 無射精2日目 体調良し

生き方

体調悪くない。エネルギーがうまく回っているのかもしれない。

しみけん氏も射精はした方がいいと言っているし、射精は悪くないのかもしれない。

二週間前に105日間のオナ禁をやぶり、最近5射精(オナニ射精3、セックス射精1、夢精1)しているから、射精悪くない論を探そうとしているのかもしれない。

それでもいい。人間は自己肯定できる考え方を常に探すものだし、そちらの方が精神的によい。

とにかく、体調は悪くない。

長期オナキン中のマグマのようなドロドロとした大量のエネルギーがとぐろを巻いて体中に溜まっている感覚はないが、フレッシュで、少量ではあるが精鋭されたエネルギーが内在している感覚だ。

睡眠、運動、食事に気をつけていれば、長期オナキンは必須ではないというオナキン実践者もいるが、そういう感覚なのかもしれない。

昨日瞑想したのが良いのかもしれない。

オナキンの効果を否定するものではない。

少なくても脳やエネルギーにとってポルノは良くないはずだ。とても楽しいが。

ポルノを自作できる技術がほしい。まもなくそうい時代がくる。

VRとARとAIが。

自分の嗜癖にどストライクする女の形、セリフ、プレイ。なんでも思い通り。

そんなのは幸せと呼べるのか。

俺は何を求めているのか。

今、38歳。あと何年だ。あと30年は健康に生きられるとしよう。どれだけ同じ精力で生きられるか知らんが、30年でも一瞬の夢さ、やりたくねえことやってるひまはねえと歌ってたが、未だに何も熱中したことないような。

今まで寝食忘れて、無視して徹夜でも取り組めたのはポルノオナニーだけだ。睡眠欲も食欲も無視して没頭した。

学生に仮に戻れるとして、それを仕事にしたいか?コンピュータサイエンスやaiとかを専攻し、ポルノの新たな未来を切り開きたいか?

それは欲望を満たすものだから、金にもなるに違いない。

その仕事は社会にとって有用か?

否、有用か無用か、誰かの役に立つかどうかで仕事を選ぼうなんて、ちゃんちゃら可笑しい偽善のようなものだ。

神よ、俺を使ってくれ。

コメント