やがて哀しきオナ禁男

自慰禁

最近、週末にオナニーをすることが多い。一回、もしくは二回。減オナなどという言葉を使うひともいるが、週1、2のペースは私の場合、減とは言えない。

オナニーは安定の気持ち良さと興奮であるが、やはりなんだか寂しい。こんなものに人生を賭けるのは。

かといって、オナニーをしてもしなくても変わらないことは多い。

オナニーしようが、しまいが変わらないじゃないか。そうやって言い訳をして、ポルノ依存になっていく。

先週土曜は朝から夜まで11時までポルノを見ていた。睾丸が痛くなった。気持ち良かったが、興奮したが。

やはりオナ禁しようと思って、数日も経てば性欲がむくむくと起き上がってくる。

そして週末になれば、ほかにやりたいこと達成したいこともないし、オナニーを適度に楽しめばいいじゃないかとなって、永遠ポルノに入っていく。

そして気力を奪われる。

オナ禁してもてたいとか、具体的なモチベーションがあった方が続くなんて、言い訳に過ぎない。

コメント

最近のコメント