みんな何を楽しみに生きてんすか

生き方

皆毎日何を楽しみに生きてんのか。仕事だとか自信を持って言える人は裏山。

仕事と遊びの区別がない人が裏山。たいていの人は、なんとなく毎日を過ごしている。

飯を食うのが楽しみ、寝るのが楽しみ、オナニーするのが楽しみ。三大欲求満たすのが楽しみ。

それが悪いことだとは思わない。全く思わない。でもなんだか一抹の寂しさを感じるのはなぜだろう。

恋をして、ドキドキするのが楽しみ。子供の成長が楽しみ。自分の人生諦めてるわけじゃない。子供を見るのは楽しいだろう。

毎日の暮らしそのものが楽しい。

心が安定している人もいるんだろうな。刺激を追い求めるわけでもなく、ただ毎日を過ごすのが楽しいという人が裏山。

裏山で寝転ぶと、青空に雲が流されていく。

だからのび太は今日も裏山にいく。

コメント

  1. 「Mr.T」 より:

    お久しぶりです

    文面を読んでいくとその向かっていく裏山とは仏教の悟りでいう「空」の境地のようなものでしょうか。

    例えば「仕事と遊びの区別がない人が裏山」、これは表裏一体のないキリスト教では霊体一致を表したやはり「空」

    佐崎さんは空の境地を少し触ってきたのでしょうかね(笑)

    佐崎さんのブログは時々壊れたこと書くけど最近出てきたオナ禁ブログより面白いから読んでますよ。

    • 佐崎慎治 佐崎慎治 より:

      Mr.Tさま、とても嬉しいコメントありがとうございます。MRTさまは格闘技もされ、きっと強く男性的で、あなたのサイトを拝見するからに、きっと私のこのブログの内容は軽蔑されているに違いない、少なくとも相容れないものとして、もう読んでくださってはいないだろうと思っていました。だから、このコメントはとても嬉しかった。
      という私の方が見誤っていましたね。mrTさんほどの在家禁欲者ともなれば、自分と合わない人間に対する排他的な気持ちなど湧かず、また、考え方の違い、人間の無様さ、醜さなど、きっと気にならないのかもしれません。
      仏教の空については、私も時々思いを巡らせることがありますが、この記事では全く考えていませんでした。興味深い解釈ありがとうございます。途端にこのくだらない記事が深淵なものに見え始めました 笑。
      空については、下の記事の最後に少し、雑ですが書きました。
      https://ganbaremo.com/23-2/
      私もユーベルメンシュへの階段読んでいます。

最近のコメント